HOME > 薬学部の概要 > 研究院長・学部長の挨拶

薬学部の概要

研究院長・学部長の挨拶

 薬学はくすりを介して生命や健康について総合的に研究する自然科学の一分野です.薬学研究により得られる知識や技術などの成果は人類の健康や福祉に大きく貢献することが期待されます.千葉大学薬学部では,「つねにより高きものをめざして」という千葉大学の理念のもと,高い研究力を持ち指導的立場でグローバルに活躍できる「くすり」の専門家を育成することを目指しています.
 その目的のために,本薬学部では,薬剤師の受験資格が得られる薬学科(6年制)と研究職を目指す薬科学科(4年制)を設けています.薬学科では研究能力と薬剤師の資格を生かし,指導的立場に立つ薬剤師や教育・研究・行政・医薬品開発等を担う薬学職業人を養成します.一方,薬科学科では,企業や公的研究機関,大学等の第一線でグローバルに活躍する創薬・生命科学者を養成します.「研究力」をもつ専門職業人の育成が両学科共通のキーワードです.
 これまでの人類の発展において薬学研究が大きく貢献してきたことは言うまでもありません.有効な薬の発見,治療法や診断法の開発によりたくさんの病気が克服されてきましたが,それらは薬学研究者の地道な努力に支えられてきました.これからもがん,心疾患,脳障害などの死亡率の高い疾患,新興・再興感染症,環境汚染など,解決していかなければならない医療・環境上の諸問題がたくさん残されています.薬学研究のさらなる発展に対する世の中の期待,社会からの要請は高まるばかりです.
 千葉大学薬学部は創立128年の長きにわたる歴史をもつ日本有数の伝統ある薬学部です.その発端は1890年(明治23年)7月に第一高等中学校に薬学科が付設されたところまで遡ります.1901年には千葉医学専門学校薬学科と改称し,1949年に新制総合大学として千葉大学薬学部がスタートしました.その後,大学院修士課程(1964),博士課程(1979)の設置,研究組織としての薬学研究院と教育組織としての医学薬学府の設置(2001)を経て,2006年に薬学科・薬科学科の二学科制となりました.この長い歴史の中で,本学部および大学院は,我が国の薬学の発展に大きく貢献し,国際的にも極めて高い水準の教育研究を行ってきました.本学部・大学院の卒業生の多くは,企業や医療現場,大学・官公庁等におけるリーダーとして国内外で大いに活躍しています.
 千葉医学専門学校校歌には,『眺めゆかしき亥鼻ヶ丘 高き誉は我らが母校 医薬の覇府と夙くはやされて 我等が任務はいや高し』と唄われています.若い皆様には,この亥鼻キャンパスでの勉学を通じて,医療の諸問題において指導的役割を果たす特別な資質を有した薬剤師,医薬品の開発研究に携わり国際的に活躍する研究者,化学物質と人との関わりを探求する研究者・教育者・行政官など,研究力を基盤とした志の高い人材へと羽ばたいていただき,伝統ある薬学部の次の新しい歴史を築く原動力となって活躍してほしいと期待します.

[薬学研究院長・薬学部長 石橋正己]