HOME > 学生生活・進路 > 学生生活

学生生活・進路

学生生活

概要

1、2年生の大学生活は講義が中心ですが、2年後期から実習も始まります。総合校舎で開講される普遍教育科目および薬学部で開講される専門教育科目を受講します。3年進級時には薬学科と薬科学科へのコースの振り分けがあります。3年生では専門科目の講義に加え、実習も継続されます。ほぼ毎日のように午前中に講義が、午後に実習が組まれているので、健康に留意して休まずに勉学を続けるよう心がけることが大切です。実習では、担当教員や大学院生から直接指導を受ける機会が増え、実際に手を動かして実験を行うので薬学のおもしろさを肌で感じることができます。3年後期になると少人数ずつ研究室に配属となります。講義を除けばほぼ全日研究室で過ごすことになります。研究室は、研究の最前線の現場です。その一端を担うのは大変興味深いことですし、教員や院生など先輩研究者とマンツーマンでふれあうよい機会でもあります。

奨学金等

独立行政法人日本学生支援機構の他、各種奨学金、入学料免除、授業料免除などの制度があります。経済的事情で学業を継続することが困難であると認定された場合にこれらの給付や免除を受けられます。これらの案内は、通知板に掲載されますが、薬学部の学務係でも相談に応じます。

相談窓口

薬学部では、1年次より各学年3名ずつのクラス顧問教員が配され、修学や学生生活にわたるきめ細かな相談に応じています。また、学部に2名のハラスメント相談員がいます。さらに、全学では、学生支援室において「なんでも相談」を、総合安全衛生管理機構学生保健部の学生相談室において健康相談を受けています。このように様々な 相談窓口が設けられています。

年中行事

薬学部学生が参加する千葉大学の年中行事で代表的なものは、大学祭です。大学祭では、クラスやサークル単位で様々な活動を行います。また、薬学部では、学生主催による新入生歓迎会、卒業生歓送会などが行われます。また時折、研究室対抗スポーツレクリエーションなどの催しが行われることもあります。その他、研究室単位では、歓送迎会、旅行など様々な行事が随時行われます。

サークル活動

薬学部には、全学のサークルとは別に、6つの公認サークルが存在し、それぞれ課外活動を行っています。以下は各部長さんからのメッセージです。

【薬学野球部】は、学部1年生から4年生の部員で構成され、通称‘やくや’と呼ばれています。毎年春と秋に四大戦(千葉大、東大、京大、阪大)があり、優勝を目指して月2~3回練習に励んでいます。OB戦ではOBの先輩方との交流もあり、楽しいサークルです。

【薬学華道部】は、長い歴史をもつサークルの一つです。卒業生が講師となり、池坊華道のお稽古をしています。花と向かい合う時は無心となり、日々の忙しさも忘れることのできる貴重なひと時です。現在、残念ながら活動を休止していますが、是非、一緒に生け花を楽しみましょう。

【東洋医学研究会】は、今年で75年目に入る伝統のあるサークルです。現在月2回のペースで活動をしています。活動の内容は主にパワーポイントを使った発表や、実際に漢方薬を自分たちで煎じたりもしています。他にも実験実習や医学部東医研と交流したりもしています。現在は約10名ほど在籍しています。漢方に興味が ある方は是非来てください!

【薬学茶道部】は、毎週金曜日5時から7時に亥鼻で表千家のお点前の稽古をしています。先生がとても優しい方で、少人数で先輩後輩の仲もよく、忙しさを忘れ癒される時間を過ごしています。大学祭では茶会を開き、毎年多くの方に来て頂いています。

《大学祭のお茶会にて》

【薬学サッカーサークル】は、月1~2回程度、平日に本千葉のフットサルコートを借りて活動しています。サッカー未経験者も多く、とても和やかなサークルです。2年次以上になると主に亥鼻キャンパスで過ごすため、全学のサークルや体育に出る余裕が少なくなりがちです。その点、放課後に軽く汗をかける我がサークルはとてもおすすめです。たくさんの参加、待っております。

【薬学テニス部】は、主に学部1年生から3年生20名ほどの部員で、週に1回程度活動しています。経験者はもちろん、初心者も多く、初めての人でも気軽に参加できるアットホームなサークルです。先輩と知り合うよい機会にもなります。皆さんも薬学テニス部でテニスを始めてみませんか。