医学領域 学位審査基準(修士課程・4年博士課程)
薬学領域 学位審査基準(修士課程・後期博士3年課程・4年博士課程)

学位審査基準(医学領域)
修士課程 医科学専攻

修士課程における学位申請論文の審査にあたっては、当該論文が新規性、論理性、明瞭性、倫理性等の観点から優れており、医学、医療および関連分野の発展に寄与する学術的意義を有しているかを基準として評価する。

加えて、学位論文審査を申請する者は、課程修了に必要な所定の単位を修得見込みであり、かつ十分な指導のもとに研究における主体性および課題解決型能力を培っていることが要求される。

また、審査の一環として、公開発表形式の口述および質疑を行い、大学院教育委員会、医学系運営委員会及び医学薬学府幹事会において、修士の学位にふさわしいものと認められる必要がある。

4年博士課程 先端医学薬学専攻(医学領域)

博士課程における学位申請論文の審査にあたっては、当該論文が新規性、論理性、明瞭性、倫理性等の観点から秀逸であり、医学、医療および関連分野の発展に寄与する高い学術的意義を有しているかを基準として評価する。

加えて、学位論文審査を申請する者は、以下の基準を満たしていなければならない。

  1. 課程修了に必要な所定の単位修得が見込めること。
  2. 主体的に研究を遂行する能力およびその基礎となる学識を有することを示す客観的な資料(公表論文)があること。

なお、2.の公表論文は、学位申請論文の主要部分をなし、査読制度の確立した学術雑誌に投稿されている英文の原著論文であり、かつ、その筆頭著者であること。当該公表論文の性質、内容や執筆経緯、学位申請論文との関係性等が審査において評価される。

また、審査の一環として、公開発表形式の口述および質疑を行い、学位審査委員会、大学院教育委員会、医学系運営委員会及び医学薬学府幹事会において、博士の学位にふさわしいものと認められる必要がある。

学位審査基準(薬学領域)
修士課程 総合薬品科学専攻

修士課程における学位申請論文の審査にあたっては,当該論文が新規性,論理性,明瞭性,倫理性等の観点から優れており,創薬科学および関連分野の発展に寄与する学術的意義を有しているかを基準として評価する。

後期3年博士課程 先端創薬科学専攻

博士課程における学位申請論文の審査にあたっては,当該論文が新規性,論理性,明瞭性,倫理性等の観点から秀逸であり,創薬科学および関連分野の発展に寄与する高い学術的意義を有しているかを基準として評価する。

4年博士課程 先端医学薬学専攻(薬学領域)

博士課程における学位申請論文の審査にあたっては,当該論文が新規性,論理性,明瞭性,倫理性等の観点から秀逸であり,薬学および関連分野の発展に寄与する高い学術的意義を有しているかを基準として評価する。