千葉大学 大学院薬学研究院
活性構造化学研究室
260-8675 千葉市中央区亥鼻1−8−1 
亥鼻キャンパス 薬学部U期棟 4階)
TEL/FAX
043-226-2923

戻る

活性構造化学研究室のホームページへようこそ!

 

 

2018.11.15 荒井緑准教授の日本薬学会学振興賞の受賞が決定しました

2018.12.3 Hesham R. El-Seedi博士講演会第43回活性構造化学セミナーを開催します

2018.11.1 原康雅 特任助教(国際創薬学研究室)が着任しました

2018.9.15 石橋正己教授が日本生薬学会賞を受賞しました

2018.9.1 蒔田吉功M2SMARC国際シンポジウムでポスター賞を受賞しました

2018.3.28 日経産業新聞に「菌の化合物 新探索法」が掲載されました

2018.3.27 日本薬学会第138年会(金沢)シンポジウム「天然物パワー5」開催しました

2018.3.26 原康雅D3が日本薬学会第138年会(金沢)講演ハイライトに選出されました

 

戻る

Arai, M. A.; Ochi, F.; Makita, Y.; Chiba, T.; Higashi, K.; Suganami, A.; Tamura, Y.; Toida, T.; Iwama, A.; Sadhu, S. K.; Ahmed, F.; Ishibashi, M. "GLI1 inhibitors isolated by target protein oriented natural products isolation (TPO-NAPI) with hedgehog inhibition" ACS Chemical Biology 2018, 13, 2551-2559 (cover art gallery)

 

Arai, M. A.; Masuda, A.; Suganami, A.; Tamura, Y.; Ishibashi, M. "Synthesis and evaluation of fuligocandin B derivatives with TRAIL resistance overcoming activity" Chem. Pharm. Bull. 2018, 66, 810-817 (cover article)

 

R. G. Fuentes, M. A. Arai, and M. Ishibashi, "Natural compounds with Wnt signal modulating activity" Natural Products Reports, 2015, 32, 1622-1628

 

M. Ishibashi, "Bioactive heterocyclic natural products from actinomycetes having effects on cancer-related signaling pathways", Progress in the Chemistry of Organic Natural Products, Kinghorn, A. D.; Falk, H.; Kobayashi, J. (Eds.); Springer; Wien, 2014, Vol. 99. 147-198

 

Last Updated: 11/30/2018

 

戻る