本文へスキップ

Laboratory of Geriatric Pharmacology and Therapeutic

文字サイズ:

臨床薬理学研究室のホームページへようこそ!

昨年度のNEWS・更新情報はこちらから
20152014

お知らせnews

2017年9月2日
第3回卒後教育研修講座が開催されました。
2017年7月8日
畠山助教が第9回日本DDS学会奨励賞を受賞しました。
「体内・細胞内動態を制御するリポソームの開発と疾患治療への応用」
2017年7月3日
論文が掲載になりました。
Hatakeyama H.
Recent advances in Endogenous and Exogenous stimuli-responsive nanocarriers for drug delivery and therapeutics. Chem. Pharm. Bull., 65(7): 612-617 (2017).
2017年6月17日
第2回卒後教育研修講座が開催されました。
2017年6月16日
樋坂教授執筆の記事が掲載されました。
医薬ジャーナル5月号 トップダウンのファーマコメトリクスによる疾患治療モ デルの構築
https://www.iyaku-j.com/index.php?main_page=index&cPath=5_1_15_4832 へのリンク
ナース専科7月号 巻頭特集 加齢で高まる薬のリスク
https://nursepress.jp/226277
2017年06月03日
第24回 HAB研究機構学術年会にてランチプレゼンテーション優秀発表賞を受賞しました。
M1 保月 静香
薬物相互作用のin vitro情報とin vivo情報を統合して解析する新規予測法 -複数CYP分子種の寄与率と阻害率の推定-
2017年05月31日
論文が3報受理されました。

Ando H, Hatakeyama H, Sato H, Hisaka A, Suzuki H.
Determinants of intestinal availability for P-glycoprotein substrate drugs estimated by extensive simulation with mathematical absorption models. J Pharm Sci. 2017, in press.

Uzu M, Sato H, Ayaka S, Shibata Y, Ueno K, Hisaka A.
Connexin 43 enhances Bax activation via JNK activation in sunitinib-induced apoptosis in mesothelioma cells. Journal of Pharmacol. Sci. 2017, in press

Yamamoto T, Furihata K, Hisaka A, Moritoyo T, Ogoe K, Kusayama S, Motohashi K, Mori A, Iwatsubo T, Suzuki H.
Notable drug-drug interaction between etizolam and itraconazole in poor metabolizers of cytochrome P450 2C19. J Clin Pharmacol. 2017, in press.
2017年04月12日
第137回日本薬学会年会にて優秀発表賞を受賞しました。
B5 照井 亜侑
「免疫チェックポイント阻害剤感受性/耐性モデルにおけるPD-1/PD-L1発言量の相関性に関する検討」
2017年03月22日
第90回日本薬理学会年会にて年会優秀発表賞を受賞しました。
博士3年 宇津 美秋
ス二チ二ブ誘発アポトーシスにおいてコネキシン43がBaxを活性化する機序の解明
2017年02月27日
論文が受理されました。Court KA, Hatakeyama H, Wu SY, Lingegowda MS, Rodriguez-Aguayo C, Lopez-Berestein G, Ju-Seog L, Rinaldi C, Juan EJ, Sood AK, Torres-Lugo M. HSP70 inhibition synergistically enhances the effects of magnetic fluid hyperthermia in ovarian cancer. Mol Cancer Ther (in press)
2016年11月24日
論文が受理されました。Sato H, Uzu M, Kashiba T, Suzuki R, Fujiwara T,
Okuzawa H, Ueno K. Sodium butyrate enhances the growth inhibitory effect of sunitinib in human renal cell carcinoma cells. Oncology Letters (in press)
2016年11月18日
畠山助教が平成29年度日本薬学会奨励賞の受賞者に決定しました。
http://www.pharm.or.jp/prize/award17.shtml
2016年11月15日
佐藤助教が臨床薬理研究振興財団の平成28年度研究奨励金に採択されました。
2016年11月09日
畠山助教が持田記念医学薬学振興財団の平成28年度研究助成に採択されました。
2016年11月01日
畠山助教の論文「Role of CTGF in Sensitivity to Hyperthermia in Ovarian and Uterine Cancers」がCell Reports誌に掲載になりました。
http://www.cell.com/cell-reports/fulltext/S2211-1247(16)31406-1
2016年08月30日
畠山助教が平成28年度科学研究費補助金研究活動スタート支援に採択されました。               
2016年08月25日
畠山助教の研究成果が日経産業新聞で紹介されました。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO06456070U6A820C1000000/l
※外部サイトへ移動します。
2016年08月02日
樋坂教授のインタビュー記事「薬物相互作用ガイドラインを現場で活用して」が日経メディカルのドラッグインフォメーションオンラインに掲載されました。
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/trend/201608/547665.html
※外部サイトへ移動します。
2016年07月27日
畠山助教が千葉大学学内研究推進事業の平成28年度研究費獲得推進プログラム(多様型A)に採択されました。
2016年07月07日
畠山助教が猪之鼻奨学会の平成28年度研究助成に採択されました。
2016年06月19日
第3回卒後教育研修講座が開催されました。
2016年06月17日
畠山助教が武田科学振興財団の2016年度薬学系研究奨励に採択されました。
2016年05月21日
第2回卒後教育研修講座が開催されました。
2016年04月16日
第1回卒後教育研修講座が開催されました。
2016年04月04日
平成28年度薬剤師卒後教育研修会の情報を公開しました。

更新情報updates

2017年09月02日
卒後教育研修のページを更新しました。
2017年07月10日
NEWSのページを更新しました。
2016年03月06日
メンバー紹介のページを更新しました。
2016年06月29日
卒後教育研修のページを更新しました。
2016年05月17日
卒後教育研修講座のPDF版プログラムを更新しました。
(日程等に変更はありません。)
2016年04月25日
卒後教育研修のページを更新しました。
畠山助教のこれまでの業績を更新しました。
2016年4月19日
卒後教育研修のページを更新しました。
2016年4月4日
トップページと卒後教育研修のページを更新しました

Laboratory of Clinical Pharmacology and Pharmacometrics

〒260-8675
千葉県千葉市中央区亥鼻1−8−1
医薬系総合研究棟T期棟1階
千葉大学大学院薬学研究院
臨床薬理学研究室

TEL/FAX 043-226-2880