薬剤師が医療チームの中で職能を発揮するためには、薬剤師が科学者として薬物治療に関わること、 すなわち根拠を示し薬物治療に関わることが不可欠です。

しかし、臨床現場では根拠が明確でないにもかかわらず「今まで使用して良かったから」などの理由で 長年にわたり使用されている薬剤が数多くあります。

また、薬物治療における薬剤選択、使用法、副作用に関する対処方法などにおいても 根拠が確立されていない分野が数多くあります。さらに、調剤、製剤など従来薬剤師が行ってきた薬剤業務も すべて根拠が確立しているとは言えません。

実務薬学教室では、薬剤師業務の中で発生する問題を発見し、根拠に基づいた医薬品の適正使用を実践する ための様々な研究を行っています。また、これらの研究を通して、将来薬物治療の要となるべき臨床薬剤師を 育成することを目指しています。 ( 教授 関根 祐子 )

研究室のテーマ  根拠に基づいた医薬品の適正使用に関する研究




eメールでのお問合せ