論文

2022年度

1. Suzuki, H, Kento, I, Mari, A, Sayumi, M, Tomoya, U, Yasushi, A., Synthesis and evaluation of a para-carboxylated benzyl-DOTA for labeling peptides and polypeptides. Nuclear Medicine and Biology (2022).

2021年度

1. Suzuki H, Kaizuka Y, Tatsuta M, Tanaka H, Washiya N, Shirakami Y, Ooe K, Toyoshima A, Watabe T, Teramoto T, Sasaki I, Watanabe S, Ishioka S. N, Hatazawa J, Uehara T, Arano Y., Neopentyl Glycol as a Scaffold to Provide Radiohalogenated Theranostic Pairs of High In Vivo Stability., J. Med. Chem., 64(21) 15846−15857, 2021
2. Suzuki H, Kise S, KaizukaY, Watanabe R, Sugawa T, Furukawa T, Fujii H, Uehara T., Copper-64-Labeled Antibody Fragments for Immuno-PET/ Radioimmunotheapy with Low Renal Radioactivity Levels and Amplified Tumor-Kidney Ratios., ACS OMEGA, 6, 21556-21562, 2021
3. Funase Y, Nakamura E, Kajita M, Saito Y, Oshikiri S, Kitano M, Tokura, M, Hino A, Uehara T., Preclinical characterization of the radioimmunoconjugate In-111 or Y-90-FF-21101 against a P-Cadherin-expressing tumor in a mouse xenograft Model and a nonhuman primate., J. Nucl. Med., 62(2) 232-239, 2021
4. 岡沢秀彦、上原知也、久慈一英、東 達也、吉村真奈.放射性医薬品副作用報告事例調査報告 第42報.核医学, 56(1) 15-23, 2021

2020年度

1. Uehara T, Sensui A, Ishioka S, Mizuno Y, Takahashi S, Takemori H, Suzuki H, Arano Y., Manipulating pharmacokinetics of purification-free 99mTc-labeled bivalent probes for in vivo imaging of saturable targets., Mol. Pharmaceutics, 17(5) 11621-1628, 2020
2. Uehara T, Kanazawa N, Suzuki C, Mizuno Y, Suzuki H, Hanaoka H, Arano Y., Renal Handling of 99mTc-Labeled Antibody Fab Fragments with a Linkage Cleavable by Enzymes on Brush Border Membrane., Bioconjugate Chem., 31 (11) 2618-2627, 2020
3. Oshikiri S, Uehara T, Suzuki H, Koike-Stake M, Hino A, Arano, Y., Zn Complex of Diaminedithiol Tetradentate Ligand as a Stable Precursor for 99mTc-Labeled Compounds., Molecules, 25(2) doi. 10.3390/molecules25020254, 2020
4. Mizuno Y, Komatsu N, Uehara T, Shimoda Y, Kimura K, Arano Y, Akizawa H., Aryl isocyanide derivative for one-pot synthesis of purification-free 99mTc-labeled hexavalent targeting probe. Nucl. Med. Biol., 86-87 30-36, 2020
5. Kurino T, Matsuda R, Terui A, Suzuki H, Kokubo T, Uehara T, Arano Y, Hisaka A, Hatakeyama H., Poor outcome with anti-programmed death-ligand 1 (PD-L1) antibody due to poor pharmacokinetic properties in PD-1/PD-L1 blockade-sensitive mouse models. J. Immunother. Cancer, 8(1) e000400, doi. 10.1136/jitc-2019-000400, 2020
6. Matsuda H, Uehara T, Okazawa H, Mizumura S, Yokoyama K, Yoshimura M., Full report on survey of adverse reactions to radiopharmaceuticals from 1975 to 2017 in Japan. Anm. Nucl. Med. 34 (4) 299-304, 2020
7. 松田博史、上原知也、岡沢秀彦、水村直、横山邦彦、吉村真奈.放射性医薬品副作用報告事例調査報告 第41報.核医学, 57(1) 11-21, 2020

2019年度

1. Hosoi R., Sato S., Shukuri M., Fujii Y., Todoroki K., Arano Y., Sakai T., Inoue O.: A simple ex vivo semiquantiative fluorescent imaging utilizing planar laser scan: Detection of reactive oxygen species generation in mouse brain and kidney. Mol. Imaging 18, 1-7 (2019)
2. Ageyama N., Kurosawa H., Fujimoto O., Uehara T., Hiroe M., Arano Y., Yoshida T., Yasutomi Y., Imanaka-Yoshida K.: Successful Inflammation of Imaging of Non-Human Primate Hearts using an Antibody Specific for Tenascin-C. Int. Heart J. 60, 17-734 (2019)
3. Hagiwara Y., Hagita H., Uehara T., Ito D., Hanaoka H., Suzuki H., Arano Y., Toida T.: Preparation of 99mTc-Labeled Mannan-S-Cysteine and Effect of Molecular Size of Mannan on Its Biodistribution. Biol. Pharm. Bull. 42, 819-826 (2019)
4. Hanaoka, H., Ohshima, Y., Yamaguchi, A. Suzuki, H., Ishioka, S., N., Higuchi, T., Arano, Y., Tsushima., Y.: Novel 18F-Labeled α-Methyl-Phenylalanine Derivative with High Tumor Accumulation and Ideal Pharmacokinetics for Tumor-Specific Imaging. Mol. Pharmaceutics 16, 3609-1616 (2019)
5. Mizuno Y., Tomoya U., Jen CW., H. Akizawa H., Arano Y.: The synthesis of a 99mTc-labeled tetravalent targeting probe upon isonitrile coordination to 99mTc for enhanced target uptake in saturable systems. RSC Adv. 9, 26126-26135 (2019)
6. Suzuki, K., Ui T., Nagano A., Hino A., Arano Y.: C-terminal–modified LY2510924: a versatile scaffold for targeting C-X-C chemokine receptor type 4. Sci. Rep. 9, 15284 (2019)
7. Nishinaka, I., Hashimoto, K., Suzuki, H.: Speciation of astatine reacted with oxidizing and reducing reagents by thin layer chromatography: formation of volatile astatine. J. Radioanal. Nucl. Chem. 322, 2003-2009 (2019)
8. 松田博史,上原知也,岡沢秀彦,水村 直,横山邦彦,吉村真奈:放射性医薬品副作用事例調査報告 第40報.核医学,56, 15-23 (2019)

2018年度

1. Taira, Y., Uehara, T., Tsuchiya, M., Takemori, H., Mizuno, Y., Takahashi S., Suzuki, H., Hanaoka, H., Akizawa, H. and Arano, Y.: Coordination-mediated synthesis of purification-free bivalent 99mTc-labeled probes for in vivo imaging of saturable system. Bioconjugate Chem. 29, 459-466 (2018)
2. Uehara, T., Yokoyama, M., Suzuki, H., Hanaoka H., Arano, Y.: Gallium-67/68-labeled antibody fragments for immune-SPECT/PET show low renal radioactivity without loss of tumor uptake. Clin. Cancer Res. 24, 3309-3316 (2018)
3. Suzuki, C., Uehara, T., Kanazawa, N., Wada, Shota., Suzuki, H., Arano,: Y. Preferential cleavage of a tripeptide linkage by enzymes on renal brush border membrane to reduce renal radioactivity levels of radiolabeled antibody fragments. J. Med. Chem. 61, 5257-5268 (2018)
4. Okumura Y., Maya Y., Onishi T., Shoyama Y., Izawa A., Nakamura D., Tanifuji S., Tanaka A., Arano Y., Matsumoto H.: Design, synthesis and preliminary evaluation of SPECT probes for imaging β-amiloid in Alzheimer's disease-affected brain. ACS Chem. Neurosci. 9, 1503-1514 (2018)
5. 松田博史,上原知也,岡沢秀彦,水村 直,横山邦彦,吉村真奈:放射性医薬品副作用事例調査報告 第39報.核医学,55, 51-60 (2018)
6. Holik, A., H., Uehara, T., Nemoto, S., Rokugawa, T., Tomizawa, Y., Sakuma, A., Mizuno, Y., Suzuki, H., Arano, Y.: Coordination-mediated synthesis of 67Ga-labeled purification-free trivalent probes for in vivo imaging of saturable system. Bioconjugate Chem. 29, 2909-2919 (2018)
7. Nishinaka, I., Hashimoto, K., Suzuki, H.: Thin layer chromatography for astatine and iodine in solutions prepared by dry distillation. J. Radioanal. Nucl. Chem. 318, 897-905 (2018)

2017年度

1. Tateishi H., Kato K., Sudo H., Sugyo A., Hanakawa T., Shang M.R., Saga T., Arano Y., Higashi T. Synthesis and evaluation of 11C-labeled cumarin analog as an imaging probe for detecting monocarboxylate transporter expression. Bioorg. Med. Chem. Lett. 27, 4893-4897(2017)
2. Oshima N., Akizawa H., Kitaura H., Kawashima H., Zhao S., Zhao Y., Nishijima K.I., Kitamura Y., Arano Y., Kuge Y., Ohkura L. 111In-DTPA-D-Phe-1-Asp0-Phe1-octreotide. Nucl. Med. Biol. 54, 18-26 (2017)
3. Oshima N., Akizawa H., Kitaura H., Kawashima H., Zhao S., Zhao Y., Nishijima K.I., Kitamura Y., Arano Y., Kuge Y., Ohkura K. Redesign of negatively charged 111In-DTPA-octreotide derivative to reduce renal radioactivity. Nucl Med Biol. 48, 16-25 (2017)
4. Uehara T., Watanabe M., Suzuki H., Furusawa Y., Arano Y., Amino acid transporter system – A substrate predicts the therapeutic effects of particle radiotherapy. PLoS ONE, 12, e0173096 (2017)
5. 佐治英郎, 荒野泰, 井上修, 小野口昌久, 川合恵一, 菊池敬, 藤林靖久, 間賀田泰寛, 丸野廣大, 安原眞人:国内未承認放射性医薬品の現状について(4)Isotope News 749 (2), 47-51 (2017)
6. 松田博史, 上原知也, 岡沢秀彦, 水村直, 横山邦彦, 吉村真奈:放射性医薬品副作用報告事例調査報告 第38報. 核医学, 54, 509-519 (2017)

総説等

2018年度

1. Arano Y.: Bifunctional chelating agent. Drug Deliv. System 33, 51-53 (2018)

2017年度

1. 上原知也. SPECTを用いた分子イメージング. JSMI Report. 10 (2) 8-12, 2017
2. 荒野泰. 低分子抗体やペプチドを用いるがんのイメージングと治療:腎臓負担軽く. Isotope News 754, 6-9. 2017

学会発表

2021年度

1. 核医学診断・治療のためのRI利用シンポジウムー64Cu・67Cu:核種構造と治療薬剤創製の展望ー 「非特異的腎集積を低減する放射性ガリウム/銅を用いた抗体フラグメント標識薬剤に関する研究」 上原知也
2. 日本分子イメージング学会 「腎放射活性の低減を目的としたCu-64標識薬剤の開発」 上原知也、黄瀬翔太、須川翼、渡邊怜央、鈴木博元、古川高子
3. CSPS/PSJ/CC-CRS 2021 SYMPOSIUM "Radiometal-labeling agents of antibody fragments for low renal radioactivity levels" Tomoya Uehara
4. 日本ケミカルバイオロジー学会第15会年会 「生体内安定な211At / 放射性ヨウ素標識母体構造の開発とアミノ酸への応用」 貝塚祐太、鈴木博元、渡部直史、白神宜史、大江一弘、寺本高啓、豊嶋厚史、畑澤順、田中浩士、上原知也
5. 第58回アイソトープ・放射線研究発表会 「がん標的α線治療を実現する211At標識アミノ酸誘導体の開発に向けた基礎的評価」 貝塚祐太、鈴木博元、上原知也
6. ナント大学共同セミナー "Neopentyl derivatives for providing astatinated agents" Tomoya Uehara
7. 日本薬学会関東支部会 「211At標識用click chemistry試薬の開発」 山下紗葵、鈴木博元、貝塚祐太、上原知也
8. 日本薬学会関東支部会 「肝動脈化学塞栓療法への応用を目指した放射性核種標識ICGの開発」 市橋莉大、鈴木博元、上原知也
9. 日本薬学会関東支部会 「標識抗体フラグメントの腎集積低減を目的とした代謝性ペプチドリンカーとリシン同時投与の併用検討」 立木孝樹、鈴木博元、荒木麻理、上原知也
10. 日本薬学会関東支部会 「Astatine-211を用いた新規前立腺癌治療薬剤の開発」 安田雄大、平山瑞希、高橋和弘、鈴木博元、上原知也
11. 東工大 上級有機化学第五(医農薬化学) 「画像診断・治療に使用される放射性薬剤」 上原知也
12. 東工大 上級有機化学第五(医農薬化学)「 非特異的集積の低減を目的とした核医学診断、治療薬剤の設計」 上原知也
13. 日本アイソトープ協会シンポジウム 「211At標識化合物の開発」 上原知也
14. 第61回日本核医学会総会 「安全かつ有効なGa-68/O-15ガスPET検査のための合理的な放射線管理基準の策定」 志賀哲、久下裕司、上原知也、久冨信之、志水陽一、下瀬川恵久、渡部浩司
15. 第61回日本核医学会総会 「がんのラジオセラノスティクスを目的とした放射性ヨウ素/アスタチン-211標識チロシン誘導体の開発」 貝塚祐太、鈴木博元、渡部直史、白神宜史、大江一弘、寺本高啓、豊嶋厚史、畑澤順、上原知也

2020年度

1. SNMMI2020 Annual Meeting "Development of Cu-64 labeling agent for low molecular weight peptides to reduce renal radioactivity levels" Tomoya Uehara, Shota Kise, Hiroyuki Suzuki, Yasuhi Arano
2. SNMMI2020 Annual Meeting "In vivo metabolism of astatine and radioiodine-labeled neipentyl derivatives" Yuta Kaizuka, Hiroyuki Suzuki, Hiroshi Tanaka, Nana Washiya, Maho Tatsuta, Yui Sato, Shigeki Watanabe, Noriko Ishioka, Yoshifumi Shirakami, Kazuhiro Ooe, Atsushi Toyoshima, Tadashi Watabe, Jun Hatazawa, Yasushi Arano Arano and Tomoya Uehara
3. 昭和薬価大学RI教育訓練(放射性同位元素等の安全取扱い) 「放射性同元素の安全取扱い〜放射性イメージング剤の開発研究とその実験上の注意点〜」 上原知也
4. 4th International Seminar on Pharmaceutical Science and Technology "Chemical design of 67/68Ga-labeled antibody fragments for low renal radioactivity levels" Tomoya Uehara
5. ConMetal2020 「金属放射性核種を用いた分子イメージング、核医学治療」 上原知也
6. ConMetal2020 「ICGを用いた金属RI標識肝機能診断薬の開発研究」 市橋莉大、鈴木博元、上原知也
7. 第5回千葉大学グローバルプロミネント研究基幹シンポジウム 「腎放射活性を低下させる低分子量ペプチド用Cu-64標識化合物の開発」 須川翼、喜瀬翔太、鈴木博元、上原知也
8. 第60回日本核医学会総会 「211At標識テトラジン誘導体のプレターゲティング用薬剤としての基礎的評価」 鈴木博元、貝塚祐太、龍田真帆、佐々木一郎、渡辺茂樹、佐藤由衣、山下紗葵、田中浩士、石岡典子、上原知也
9. 第60回日本核医学会総会 「腎放射活性の低減に刷子縁膜酵素を利用した67Ga/64Cu標識薬剤の抗Treg抗体Fabフラグメントへの応用」 上原知也、喜瀬翔太、鈴木博元
10. 大阪大学放射線科学基盤機構シンポジウム 「α線治療薬の生体内安定性と薬物動態の最適化」 上原知也
11. 日本薬学会第140年会 「前立腺がんの標的α線治療を目的とする新規標識薬剤の検討」 上原知也、安田雄大、平山瑞希、高橋和弘、鈴木博元
12. 日本薬学会第140年会 「重ハロゲンを用いたradiotheranosticsに有用な標識母体の開発」 貝塚祐太、鈴木博元、上原知也
13. 日本薬学会第140年会 「ネオペンチル標識母体を用いる211At標識アミノ酸誘導体の開発に向けた基礎的評価」 貝塚祐太、鈴木博元、上原知也
14. 日本薬学会第140年会 「ネオペンチル基を標識部位とする211At標識用click chemistry試薬の開発」 山下紗葵、鈴木博元、貝塚祐太、佐藤由衣、上原知也
15. 日本薬学会第140年会 「リシン同時投与と代謝性ペプチドリンカーを利用するRI標識抗体フラグメントの併用による腎集積低減」 立木孝樹、鈴木博元、荒木麻里、上原知也

2019年度

1. The 11th International Symposium on Targeted-Alpha-Therapy "Radiohalogenated neopentyl derivatives: A novel scaffold for radioiodinated and astatinated compounds of high stability against in vivo dehalogenation" H Suzuki, H Tanaka, N Washiya, M Tatsuta, Y Sato,Y Kaizuka, S Watanabe, T Uehara, N Ishioka, Y Shirakami, K Ooe, A Toyoshima, T Watabe, J Hatazawa, Y Arano
2. 昭和薬科大学 「放射性同位元素の安全取扱い〜放射性イメージング剤の開発研究とその実験上の注意点〜」 上原知也
3. 第17回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム 「Radiotheranosticsに有用な放射性ヨウ素/アスタチン-211標識母体としてのネオペンチル誘導体の評価」 貝塚祐太、鈴木博元、龍田真帆、田中浩士、上原知也、白神宜史、大江一弘、渡辺茂樹、豊嶋厚史、渡部直史、石岡典子、畑澤順、荒野泰
4. The 6th International seminar on pharmaceutical science and technology "Chemical design of 67/68Ga-labeled antibody fragments for low renal radioactivity levels" Tomoya Uehara
5. 量子科学技術研究開発機構 「放射線医学総合研究 標的への集積向上を目的とした混合配位子錯体の設計」 上原知也
6. 第21回SNNS研究会学術集会 「スズコロイドとインドシアニン・グリーンの混合投与に関する基礎検討」 遠藤隆介、章逸汀、本間ひより、森部久仁一、上原知也、加野将之、松原久裕、林秀樹
7. 第18回放射性医薬品・画像診断薬研究会 「腎放射活性の低減に刷子縁膜酵素を利用した抗体フラグメント標識薬剤のCu-64への応用」 喜瀬翔太、上原知也、小林まどか、鈴木博元、荒野泰
8. 第59回日本核医学会総会 「標的への集積向上を目的とした2価67/68Ga標識薬剤の合成と評価」 上原知也、比嘉健斗、佐久間絢子、市橋莉大、鈴木博元、荒野泰
9. 第59回日本核医学会総会 「DOTAを基盤とする腎集積を低減可能な111In標識抗体フラグメント標識薬剤の開発」 鈴木博元
10. 岡山大学大学院医歯薬総合研究科分子イメージング講義シリーズ 金「属放射性核種を用いたradiotheranosticプローブの開発 」上原知也
11. 第21回PET治験企業懇談会 「Zr-89標識薬剤の特徴と技術的課題」 上原知也

2018年度

1. 第12回日本分子イメージング学会 「67Ga標識PSMA-ligandの腎集積に対する再吸収阻害の影響」 上原知也、峰岸志奈、鈴木博元、荒野泰
Society of Nuclear Medicine Annual Meeting 2018 Reduced Renal Uptake of 68Ga-PSMA-617 by Penta-L-Glutamic Acid Co-Injection Tomoya Uehara, Yukina Minegishi, Shouta Kise, Shiori Takahashi, Hiroyuki Suzuki, Yasushi Arano
2. The 3rd International Symposium on Technetium and Other Radiometals in Chemistry and Medicine Synthesis and evaluation of a 99mTc-labeled hexavalent targeting probe from a monovalent ligand for in vivo imaging of saturable systems Mizuno Y,
3. 第58回日本核医学会総会 「アスタチン標識前立腺がん診断、治療薬剤開発に向けた基礎的検討」 上原知也、平山瑞希、小林亮太、高橋静織、田中浩士、龍田真帆、稲田慎之介、鈴木博元、荒野泰
4. 第58回日本核医学会総会 「Radio-Theranosicsの基礎研究−世界情勢と国内の現状−」 上原知也
5. 日本薬学会第138年会 「前立腺がんの標的α線治療を目的とする新規標識薬剤の開発に対する基礎的検討」 平山瑞希, 上原知也, 高橋詩織, 鈴木博元, 荒野泰
6. 日本薬学会第138年会 「新規放射性ハロゲン標識母体としてのネオペンチルハライド構造要件の検討」 貝塚祐太、鈴木博元、田中浩士、龍田真帆、鷲谷奈菜、佐藤由衣、上原知也、荒野泰

2017年度

1. The 22th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences "67/68Ga-labeled low molecular weight polypeptides of low renal radioactivity levels" T. Uehara, M. Yokoyama, H. Suzuki, Y. Arano
2. 第11回日本分子イメージング学会 「放射性ガリウム標識低分子ポリペプチドの非特異的腎集積を低減させる標識薬剤の開発」 上原知也、横山幹、峰岸志奈、鈴木博元、荒野泰
3. 第15回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム2017 「67Ga-NOTA標識抗体フラグメントの体内動態制御」 峰岸志奈、上原知也、横山幹、鈴木博元、荒野泰
4. 第17回放射性医薬品・画像診断薬研究会 「67Ga標識PSMA-ligandの腎集積に対する再吸収阻害の影響」 峰岸志奈、上原知也、鈴木博元、荒野泰
5. 第57回日本核医学会総会 「Theranosticsへの展開に適した67/68Ga標識DOTATOC誘導体の開発」 鈴木博元、村松紗有美、一戸賢斗、荒木麻里、上原知也、荒野泰
6. 第57回日本核医学会総会 「99mTc標識多価環状RGDペプチド:3価及び4価環状RGDペプチドの比較検討」 水野雄貴、上原知也、小松凪穂、荒野泰
7. 第57回日本核医学会総会 「腎放射活性の低減を可能とする抗体フラグメントの111In標識薬剤の開発」 鈴木博元、一戸賢斗、小野貴裕、荒木麻里、金井彩香、上原知也、荒野泰
8. 日本薬学会第137年会 「RI標識抗体フラグメントの腎集積低減に向けた111In-DOTA誘導体結合ペプチドの腎刷子縁膜酵素の認識の検討」 荒木麻里、鈴木博元、一戸賢斗、小野貴裕、内村美里、上原知也、荒野泰
9. 日本薬学会第137年会 「生体内で安定な68Ga錯体を与える新たなDOTA誘導体」 内村美里、鈴木博元、村松紗有実、上原知也、荒野泰
10. 日本薬学会第137年会 「67Ga標識PSMA-ligandの体内動態に対する腎臓再吸収阻害の影響」 峰岸志奈、上原知也、鈴木博元、荒野泰
11. 日本薬学会第137年会 「放射性ヨウ素標識薬剤の新たな標識母体としてのヨウ化アルキル」 鷲谷奈菜、鈴木博元、田中浩士、佐藤由衣、龍田真帆、稲田慎之介、上原知也、荒野泰
12. 第17回PET治験企業懇談会 「68Ga標識PET薬剤の臨床使用における課題~品質管理を中心に~」 上原知也